猫カフェ 猫 写真

猫カフェで猫の写真を撮るには

猫カフェに行ったら、可愛い猫たちの写真を撮りたいと思いませんか?

 

直接、猫に触れ合えるのが猫カフェの魅力ですが、
猫と一緒に写真を撮るのも猫カフェの楽しみ方の一つです。

 

野良猫だと警戒心が強いので写真を撮るのも難しかったりしますが、
猫カフェの猫はとても人に馴れているので、猫との接し方によっては
無防備で可愛い姿を写真で撮影することもできます。

 

ただ、人に馴れている猫だからといっても、
猫の写真を撮るにはコツやマナーがあります。

 

一番やってしまいがちなのが、フラッシュをたくこと。

 

猫を撮影する時には、絶対にフラッシュを光らさないようにしましょう。

 

猫がフラッシュの光に驚いて怯えたり、
ひどい時には失明する場合もあります。

 

フラッシュ撮影については猫に対してだけでなく、
カフェでも禁止となっていますので絶対にたかないように気をつけましょう。

 

また、他のお客さんへも配慮することが大切です。

 

猫を追いかけて撮影することに夢中になって、
他のお客さんに迷惑をかけないようにしましょう。

 

他のお客さんも猫の写真を撮ったり、
触れ合いたいと思っているのにずっと独り占めしたりするのも、
マナーがよくありません。

 

また、周囲の人をむやみに撮影するのも、
プライバシーの面からも控えましょう。

 

猫を上手に撮影するポイントは、
目線を合わせることと光の使い方です。

 

猫を撮影するときは、猫と同じ目線までしゃがんで
体勢を低くするのがポイントです。

 

猫と同じ目線で撮影することで、猫の顔が大きく撮影できるので
猫のクリっとした目が強調され、表情豊かな写真が撮れます。

 

また、猫はいつも動いているのでブレずに撮影することが難しいです。

 

ブレを少なく撮影するためには光の使い方を工夫しましょう。

 

ブレないようにするにはシャッター速度を上げるのが効果的ですが、
シャッタースピードを上げると光が足りなくなるので、
写真全体が暗く写ってしまいがちです。

 

暗く写ってしまうことを避けるには、
露出を上げて窓際などの明るい場所で撮影すると
キレイな写真が取れます。

 

写真はどうしてもブレたりして良いショットが撮れない…
というときには動画で撮るのもおすすめです。

 

猫が遊ぶ姿やリラックスしている姿も、
動画なら見たままの様子が撮影できるので、
癒される動画が撮れると思いますよ。